健康

胃の調子が良い。それもピロリ菌除菌のおかげ。

数カ月前に完治した胃がすこぶる調子が良いので健康ネタでも。

昨年末、ピロリ菌を除菌してから、
ほんと以前と比べてだいぶ胃の調子が良いです。
それまではずっと慢性胃炎で調子が悪かった。

健康診断しているのはここ3年ほどだけど、
恐らくそれ以前から慢性胃炎だったのではと思う。
ずっと胃のムカツキ、胃痛などがあったんですよね。

というか、自分でも早く病院行けよって思いますが。

で、昨年ほんとツラくなってきて、
昨年秋の健康診断にピロリ菌の検査をオプションで追加しました。

何かで慢性胃炎の原因はピロリ菌って読んだのを思い出して、まさかと思って検査。
いましたよ。ピロリ菌。僕のお腹(胃)の中にばっちりとね。

でも、検査で見つかって紹介状が検査結果に同封されていましたけど、
その後少し病院に行きませんでした。

でも、胃薬飲んでもダメな状態になって、いざ病院へ。

続きを読む

健康法はなくても……/ 松下幸之助 [一日一話]より

私は若い頃から病弱であったが、戦中戦後の無我夢中で働かざるを得ない時期を経て健康体になり、いまもまだ元気でいられる。健康法と言えるものは何もないといっていい私にとって、これは考えてみればまことにありがたいことだし、ほんとうに不思議なものだと思う。

しかし、これまでの歩みを振り返ってみると、私は、一つの仕事が成就すると、またすぐ次の仕事をと、たえず目標を持って努めてきた。いま静かに思うと、その繰り返しの中に張り合いがあり、そこにいわば死ぬに死ねないとでもいうか、一種の緊張感がみなぎっていた。そこに生きる張り合いを感じ、毎日を過ごしてきたように思うのである。

松下幸之助[一日一話] 6月30日 健康法はなくても……から抜粋・引用
http://www.php.co.jp/fun/matsushita/06-30.html

さっき書いた記事のモチベーションと曖昧にされるテンション(=緊張感)。

  • テンション高い
  • テンション低い

やっぱり日々の生活を送っていると、どちらにもなります。
曇りの日なんか、僕はテンションがとても低いです・・・。

それはともかく、

松下幸之助さんの言うとおり緊張感を持って日々を過ごしていると
やはり心身ともに病気になりにくいのではないかと思います。

実際に緊張感を持って仕事をしたり、物事に打ち込んでいる人は、
病気になりにくい状態をキープ出来ていたんじゃないでしょうか。

続きを読む