PHPで自動化、Webデザイナー向きなテク

自分がラクをするための自動化のススメ–WebデザイナのためのPHP入門(builder by ZDNet Japan)
こりゃ確かに便利です!

  • コピーライト表記を自動化する
  • ヘッダーファイルなどを一元管理する
  • コピーライト表記を自動化する
  • 分散する情報を一元管理する
  • ブラウザごとのCSSファイルを記述する

続きを読む

急ぐな、焦るな、落ち着いて、スピードを上げろ!

「急ぐな、
 焦るな、
 落ち着いて、
 スピードを上げろ!」

言葉尻だけを見れば、
とてもじゃないけど矛盾しているし、
よく同じジャンって言われる。
でも
「急がば回れ」
「急いては事をし損じる」
って結構正しいよ。
ただただ闇雲に急いだり、焦っても、
物事の質がかなり悪い。
不手際があったり、
判断を間違う可能性が高い。
行動のスピードも落ちるし、
量もこなせない。
焦っているときって、
速く(早く)やろうって思うだけじゃなく、
沢山やろうとしてしまう。
何気にこれも阻害要因だったりする。
ようは適切な分量を行うという判断を
間違ってしまっているんだよね。

続きを読む

同じ事でも義務感で事を成すのと、楽しんで事を成すのは違う。

人に対しても、自分に対しても、
義務感を前面に出すと心理的な抵抗がでる。
「〜しなければならない」
「〜するべきだ」
といった言い方、考え方。
よく自分はしていると思う。
そしてよく人からも聞く。
そして、
自分で自分自身に対して言っている時は、
抵抗があるだけじゃなく、
安心しているといった不思議な感覚もある。
でも正直、それに甘んじて、
その「〜するべき」なことを
実際に行動に移すときは、
どちらかというと、
行動の質は落ちるような気がする。
自分を追い詰めて
一時的に行動の質が上がっていても、
長期的に見たら、やっぱり疲れる。
そして最終的には思考停止になることが多く、
「〜すべき」を何百回、何千回と
自分自身に何度も何度も言い聞かせて、それで終わり。

続きを読む

今できることをやれば良い。今あるものでやれば良い。

僕がぶち当たることの一つに
こんな逃げのパターンがある。
「あれがないから、
これができないなあ。
じゃあ諦めるか…」
「あれがしたいのに、
今これできない。
どうしたらいいんだろう?」
たとえば、
「このギターにアームがついていないから、
この奏法は無理だな」
「この仕事受けたは良いけれど、
俺この技術(スキル)無いんだよね。。
どうしよう・・・。無理。。」
「来週は彼女の誕生日。
金がないからプレゼント買えないよ。
どうしよう・・・。」
「独立したい。でも金がない。
設立資金の他に、しばらく生活資金も必要だしな~。
ああ、金が無い、やりたいのにできない。
どうしよう・・・」
みたいなこと。
もちろんこの逃げの思考パターンって
無意識でやっているし、
こう思っているときは結構真剣だったりする。
自分を含めこのような事に頭を悩ませている人も
結構多いんじゃないかな?

続きを読む