人間の幸せのための政治/ 松下幸之助 [一日一話]より

私たちが決して忘れてならない大事なことは、政治は結局、お互い人間の幸せを高めるためにある、ということです。過去においては多くの人びとが政治によって苦しめられ、お互いの血を血で洗うということもありました。

しかし、そうした好ましくない姿は、政治の本来の姿ではない。政治は本来、お互い人間のそれぞれの活動をスムーズに進めることができるようなものです。それらの調整調和をはかり、共同生活の向上をはかって、一人ひとりの幸せを生み高めることをその使命としているのです。この“政治は本来、人間の幸せのためにある”ということを私たちはまず正しく認識しあう必要があると思います。

松下幸之助[一日一話] 7月27日 人間の幸せのための政治」から抜粋・引用
http://www.php.co.jp/fun/matsushita/07-27.html

これを実現できている政治は世界でいったいどのくらいあるのでしょうか。
日本においては出来ているとは言えません。

正直どの政党のやっていることも面白くありませんし、
自分たちが幸せになるんだろうかというものが多く見られます。

ただ単に傷口に応急処置で絆創膏を貼っているような政治という印象です。

また日本ではコロコロと首相が替わります。

これは首相の問題もあるでしょうが、政治やメディアの悪い部分、
政治家・政党・メディアの権力誇示などで足の引っ張り合いになって
首を差し替えているに過ぎないと思います。

これは国民にとって幸せでしょうか?

国民にとっては、応急処置的なものを求めているのではなく、

お金持ちでなくてもきちんと充分な生活をしていけて、
仕事も遊びも勉強も満喫し、安心・安全な社会

という誰でもわかることを求めているだけです。

国民にしてみれば、特定の政党がどうとかではなく、
政党を超えて、お互いに力を合わせていって欲しい。

それぞれの妥協ではなく、きちんと納得できる話し合いを政党・政治家の間でして、
国民と日本、そして世界の幸せのためにを頑張って欲しいのではないでしょうか?

SNSでもご購読できます。