会社の病気の早期発見/ 松下幸之助 [一日一話]より

癌は早期発見すれば治すことができるということですが、見てもらったときには手遅れであるという場合も少なくないようです。そういうことは、会社の経営においても言えるように思います。“会社の状態がちょっといかんなあ”と気がついたときには、もう末期の状態で手のつけようがないということが往々にしてあるわけです。

ですから、どんなに順調に発展している会社、商店であっても、経営には常に自己診断をすることを怠ってはならないと思います。そして“この点に欠陥があるな”ということを早く知ることができれば、大きな問題にはならず、手当ても可能だと思うのです。

松下幸之助[一日一話] 7月19日 会社の病気の早期発見」から抜粋・引用
http://www.php.co.jp/fun/matsushita/07-19.html

問題のない会社なんてありません。
どんな会社でも問題は小さなうちに解決しておく必要があります。

放置しておいて大きくなった問題には、既に手遅れということもあるけど、
それ以前に手のつけようのない程、大きくなりすぎて自分たちでは解決できない。
そんなこともあると思う。でもそんなことにはなりたくないですよね?

会社経営の基本・原則的な部分だけでも、社員に浸透させ、
重責のポジションにいる人間には、会社とベクトルの合う経営方針を共有し、
問題の早期発見、早期解決を常日頃から行わないといけないと思っています。

それは日々の雑事や実務に追われていたとしても、
その経営方針や基礎的な部分は育てていかなければいけない。

時代を超えても変わらない原理原則的なものもあるが、
人間社会であるが故、多くの問題が出てくる。
また時代に沿って改善していかなければいけない部分は沢山でてくるでしょう。

自己診断の出来、改善のできる組織は、
日々の小さな問題が大きくなる前に解決してしまうので、
健全で体力のある理想的な会社により近づくのではないでしょうか。

そういう体制作りにも目を向けていくのがベストですね。

SNSでもご購読できます。