資本の暴力/ 松下幸之助 [一日一話]より

事業を行なう限り、利潤の確保に努めることは当然である。が、それはあくまで適正な競争によるべきであって、手段を選ばぬ過当競争によるものであってはいけない。

ところが現実には、自社製品の市場占有率を高めることのみ考え、損を覚悟で売るという姿が見受けられることがある。これは資本による暴力にほかならないと思う。とくに大企業が、その資本に頼り、暴力的行為に出れば、その業界は大いに混乱する。そしてそればかりか業界の信用をも落とすことになりかねない。今日、いわゆる暴力が禁止されているごとく、資本による横暴も一つの罪悪とみて、厳しく自戒すべきだと思う。

松下幸之助[一日一話] 7月14日 資本の暴力から抜粋・引用
http://www.php.co.jp/fun/matsushita/07-14.html

松下幸之助さんの言うような資本の暴力は、
そもそも商売とは何かを忘れていると思う。

商売は等価値の交換。
結局はそれでしか無いと思う。

企業は消費者の期待以上の物を提供し、
消費者からお金を受け取る。

会社を大きくすることが、商売なんじゃなくて、
会社の大小にかかわらず、消費者に優れた価値を提供し、
自らの利潤を増やしていくこと。

会社を大きくし、自社商品をマーケットに広く
行き渡らせることはもちろん悪い事じゃない。

資本は使い方次第。
資本を使う目的は何なのかということ。

あくまでも企業は社会の経済循環の中にある。
経済循環は価値のあるところに生まれなければ、
長期的・半永続的な状態にはならない。

他の企業を潰すためにある訳じゃない。
一人勝ちするためだけにある訳じゃない。

企業は1つの企業で、経済社会が成り立っている訳じゃない。
多くの企業が支え合い、技術・サービスの工夫・向上をしている。

1つの企業はその一端にいるだけ。

他の会社を一網打尽にするために、大資本の投下をすることは、
戦争でクラスター爆弾を投下し、焼け野原にしているのとあまりかわらない。

クラスター爆弾を投下し、一時的に勝ったとしても、
それで世界は良くならないんだから。

企業社会も全く同じだと思う。

企業の本分である、技術・サービス・商品力を向上し、
消費者に期待以上の価値を提供し、利潤を増やしていくこと。

競争の激しい現代だからこそ、そういう基本の部分が一番重要だと思う。

SNSでもご購読できます。