是を是とし非を非とする/ 松下幸之助 [一日一話]より

とかく人間というものは、物事を数の大小や力の強弱といったことで判断しがちである。そしてまた、そういうことを中心に考えた方がいいという場合もあるだろう。しかし、それは日常のことというか、いわば小事について言えることではないだろうか。大事を決するに当たっては、そうした利害、損得といったものを超越し、何が正しいかという観点に立って判断しなくては事をあやまってしまう。それができるということが、指導者としての見識だと思うのである。

とかく長いものにまかれろ的な風潮の強い昨今だけに、指導者にはこうした是を是とし、非を非とする見識が強く望まれる。

松下幸之助[一日一話] 7月3日 是を是とし非を非とするから抜粋・引用
http://www.php.co.jp/fun/matsushita/07-03.html

  • 物事の正否・善悪
  • 社会・経済・会社・社員・家族・自分にとって良いことなのかどうか

企業活動では全体的に、このような視点で判断することが重要だと考えます。

もしこれが利害・損得だけで考えると、目的のためには手段を選ばず、
社員に不正・不法行為といったネガティブな行為を行わせたりします。

こういう行為は、

  • 本当に会社のためになるのか?
  • 本当に社員や社員の家族のためになるのか?
  • 本当に自分のためになるのか?
  • 本当に社会のためになるのか?

といったことを考えてみたとき、不正・不法行為などは
短期的・長期的どちらの視点で考えてもメリットはありません。

例えば、わかりやすい例で言うと、
〈組織ぐるみで国が支給する失業給付金の不正受給〉
を行ったと仮定しましょう。

この不正受給って結構舐めている人もいるけど、
実は重大な不正・不法行為。れっきとした詐欺です。

バレた場合はこんな感じです。

  • 経営者が不正・不法行為の支持を認めた場合、経営者・支持した者が逮捕される。
  • 判決が下った場合、執行猶予は付かずに、実刑。
  • その後、経営をコントロールする資本や人材が無い場合は、会社は倒産。
  • 社員も罪をかぶる(受給総額の3倍返し以上)。下手したら経営者同様に逮捕。
  • 社員の働き場所は突然なくなる。
  • 受給は打ち切られるので、失業給付は無し。
  • 社員と家族は路頭に迷う。
  • 取引先に支払いが出来なく、迷惑を掛ける。
  • 業務停止で、お客様にサービスや商品の提供が出来なくなる。
  • etc…

正直、キツイと思いませんか?
メリットありますか?

もし、バレ無い場合はどうでしょうか?
僕はもしバレなくても、その会社に未来はないと思っています。
それは何故なのか?

  • 会社の営業体力が落ちる
  • お客様に対する企業努力をしなくなる
  • 会社が不正・不法行為を繰り返す癖が付く
  • 不正・不法行為に対する罪悪感との葛藤
  • 判断が鈍る
  • 営業利益ではなく、給付金や助成金に頼る
  • 指示した者が正論を言っても、説得力が無くなる。
  • 信用・信頼関係が崩れる。
  • etc…

と言ったことが考えられるからです。

僕は、バレようが、バレまいが不正・不法行為を行うことは、
メリットは無く、デメリットしかないと思います。


ニュースでも、このような給付金詐欺や不正行為の摘発が報道されています。

その後、摘発された彼らは幸せでしょうか?

不正行為をやって経営を乗り切れた、
上手く経営を出来ていると思っていたのでしょうか?

違いますよね?

経営しているのではなく、
全ての人を騙して詐欺を行っているに過ぎないのです。

  • 他人を騙す
  • 国家を騙す
  • 会社を騙す
  • 顧客を騙す
  • 社員を騙す

こういうことは、結局自分自身を騙すことになります。
一時しのぎの不正・不法行為は止めるべきです。

誰のためにもなりません。
他人から搾取し、自分の懐を一時的に暖めているに過ぎません。


ライブドア事件以降、
よく企業にコンプライアンスを導入するとか言われています。
しかし、そんなもの以前の問題です。

コンプライアンス導入以前に、

  • やっちゃ良いことなのか悪いことなのか考える。
  • そのやったあとの影響を考える。

子供でも考えているこれです。まずはそこからじゃないでしょうか?

  • 物事の正否・善悪
  • 社会・経済・会社・社員・家族・自分にとって良いことなのかどうか

企業活動は、やはり目先の損得に惑わされず、
まずは、このような視点での判断で行っていくべきだと思っています。

SNSでもご購読できます。