本当の驚異(敵)は誰なのか?

物事がなかなか上手く進まないとき、
他社・他人のせいにするというときもあるでしょう。

でも改めて考えてみて欲しいです。

何が驚異で、どのような不利益を被っていると思っているのか?

  • その驚異は本当に存在しているのでしょうか?
  • 不利益を被っていると思っているなら、それは事実なのでしょうか?
  • あなたの会社の驚異は、本当にあなたの敵なのでしょうか?
  • 良いライバルではありませんか?
  • 協力して何かは出来ないのですか?

僕は、思うのです。あなた(会社)の驚異は、

  • 架空の敵を作り上げている(思い込み・妄想)
  • あなた(会社)自身の状態

あなたが敵と思い込んで一生懸命戦っている相手は、
実は鏡に映っている自分自身かもしれません。

危機感を持つことは大事ですが、必要以上に過敏にならない方が
正しい客観的判断、正しい行動が取れるのではないかと思います。

SNSでもご購読できます。