1つの時代が終わりを告げた – キング・オブ・ポップの死

キング・オブ・ポップと言われたマイケル・ジャクソン。
来月の最後のロンドン公演を向かえることなく、突然の死を向かえましたね。

幼少の頃からジャクソン5の一員として音楽のトップに上り詰めた人で、
人生そのものがスーパースターで合った人。
そしてポップスの頂点に立ち時代を作ってきたカリスマの一人です。
大ファンではありませんでしたが、早くに1つの時代の終焉を向かえたことが残念です。

でもマイケルの楽曲は名曲揃い。
ビートルズなどのようにずっと語り継がれ、そして聴いてかれてゆき、
ずっと生き続けるでしょうね。ご冥福を祈ります。

僕が好きだったのは、これらの曲。

THRILLER

Beat It (Live 1996)

Black or White (Live)

SNSでもご購読できます。