SEOの基本(初心者向)〜これだけでも全然違う!

SEO習得のためのチェックリスト(初心者編)
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/06/09/5835

こちらもSEO初心者向けでまとまってます。要チェックです。

  • 簡単なWebサイトなら、WYSIWYG式のHTMLエディタなんかは使わずに、
    自分でソースコードを書けるようにする
  • レイアウトや書式は、すべてCSSで指定する。テーブル要素は使用しないこと!
  • キーワードを選ぶ

このあたりは超基本です。

SEOってなんかのマジックや魔法のようなものと思っている人が結構いますが、
それは根本的に大間違いです。

SEOというものは確かにシステマチックなテクニカルな部分もありますが、
それができるのは高度な専門知識とスキル、そして膨大な作業量によって可能になります。

でも残念ながら、そういうことが出来るのは、ごく一部のSEO企業だけでしょう。

以下、僕なりにSEOの基本を説明します。

サイトのページはというのは「文書」以外の何者でもない

WEBページというものは一般的な文章を書くときの文書構造が基本です。

読む人のことを考えて、きちんとした構造で文章を書くことが、
検索結果で上位表示するため(SEO)の第一歩です。

WEBサイトの文章というのは、WEB独自の表現や手法はありますが、
根本的な部分では何ら特別なものではないんです。

SEOはキレイなHTMLありき

WEB制作の規定(WEB標準)をベースに、キレイなHTMLソースコードで制作してゆきます。
これは検索エンジンのロボット(システム)が、ページの文書を正しく認識するためです。

人間は視覚的な部分を伴ったモニター上に移っている部分を読みますが、
検索エンジンのロボットはHTML 文書を上から下へ順番に読みます。
HTMLのソースコードがキレイで簡素であればあるほど、読みやすいのです。

だからこれはHTMLコーダーが大活躍するところです。
(※HTMLコーダー = HTMLでWEBサイトの構造を組み立てる人)

 

ユーザーはどうやって検索する?

キーワードは自分本位(自社本位?)で選んではいけません。

まずは、ユーザーが何を知るために、どう考えて、
どういうキーワードで検索するのかを想像しましょう。

コレを無視して自分本位で考えると、SEO対策は確実に失敗します。

ユーザーが検索しそうで、且つ自分のサイト/商品/サービスなどと一致した
キーワードを入念に選んで適用させることで、土台が出来上がるんです。

ここまでだけでも、難易度大の単発キーワードでない限り、
上位表示することも表示することも十分に可能です。

検索エンジンは「ランキング」です!

検索エンジンはGoogleであれYahoo!であれ、「人気ランキング」のシステムです。

多くの人はここを忘れがちというか、わかっているようで、
SEOというと身構えてしまって、施工するときに頭からすっぽ抜けます。

多くのサイトから、多くの検索する人からの支持がなければ
検索結果での上位表示というものは出来ません。

  1. 適切なキーワードで検索結果のリンクがクリックされ、訪問してもらう
  2. 関連するジャンルの多くのサイトからリンクをもらう

この2つが必要です。そのためにはどうするか?

1番目は、先ほど述べたキーワードまでのことをしっかりと行う事で可能性が高くなります。
2番目は、良いコンテンツのサイトを作って、色んな人に知ってもらう必要があります。

それはこういうこと↓↓↓です。

良いコンテンツを作り、しっかりと告知する

  • 話題になりそうなコンテンツを作る
  • 辞書・参考書的なノウハウがあるコンテンツを作る
  • よく更新され、読みたくなるようなコンテンツを作る
  • 他のサイトと同じような内容でも、自分(自社)なり個性を出す
  • 見やすく、読みやすいデザインを心がける
  • (可能であれば)デザインはコンテンツとあう雰囲気でキレイに
  • 相互リンクをお願いする
  • メールで知人に連絡する
  • メールの署名にURLを掲載しておく
  • etc…

ブログで紹介したくなる、サイトにリンクを掲載したくなるサイトであれば、
徐々に沢山の人にリンクをはってもらえます。

SEOというのは結果を焦らないことです

このような人たちは、SEOですぐにドカンと結果を出したがります。

  • SEOがどういうものかわかっていない人
  • SEOを魔法のテクニックだと思っている人

ブラックじゃない手法で結果を出せる優良なSEO企業に依頼しない限り、
ドカンといきません。またこういうSEO企業でもドカンと行かないこともあります。

SEOは短期考えるのではなく、長期で考えるのが基本です。

短期で考えるなら広告を出すか、SEO以外のプロモーション方法をとりましょう。

SNSでもご購読できます。