目的と手段を間違えるということの例をざっくりと。

WEBにおいても目的と手段を混同してしまっている方がいると、
WEB制作・WEBマーケティングでよく感じます。

特に手段の表面上しか見ない、
浅はかな知識や知恵しか持たない人に多いように思う。

WEBサイトを制作し、公開すること

WEBサイトという手段を行使することであって、
WEBサイトを公開すること自体がビジネス上の目的でありません。

でも、公開して満足し、放置プレイのサイトは腐るほどあります。

本来の目的は「ECの売上げを上げる」「問い合わせや資料請求を増やす」
といったことをWEBサイトで実現し、お客様に付加価値を提供、
そしてその成果を踏まえスタッフと会社が共に成長することです
(狭義ですが)。

検索エンジンの順位で上位表示することは(SEO対策をすること)

ターゲットユーザーを集客(サイトへの誘導)するために
手段としての検索結果の上位表示あって、
上位表示すること自体は根本的に目的ではありません。

属性の合わないユーザーをやたらめったら集めて
「PV[ページビュー]が増えた!」「UU[訪問者数]が増えた!」
と喜ぶのはナンセンスです。

単なる自己満足でしかありません。でも沢山集めれば良いと思っている人多いです。
小島よしおじゃないけど「そんなの(に)関係ねー」です。

自社の成果に繋がる検索エンジンの順位を上位表示することが
SEO対策の本来の目的なのです。

 

WEBサイトのデザインをよくすること

訪問者により一層希求し、興味を持たせることであって、
「カッコイイ!!」デザインを作ることが目的ではありません。

ターゲットユーザーが自分たちのして欲しい行動を
取ってもらえるようにするモノが
WEBのデザインです。
(紙媒体の広告やデザインなども多分同じだけど)

アーティスティックである必要はありません。

 

わかっているようで、見失っている人は多いと思います。

SNSでもご購読できます。