エンターテイメント

11/4「国際東京ジャッキー映画祭」に行ってきた。

毎度のことながらも更新スパンが長すぎで
前回が2/17なので8ヶ月半以上の更新なし。

上京してから特にここ最近は
いろいろ出会いもあってネタはあるんですけどね…。

さて、カンフー映画が大好きな僕ですが
「新少林寺」が公開されるということで11/4の夜に観てきました!
といっても一般公開は11/19からなので、プレ公開。

このプレ公開はこの時同時に観てきた「1911」でジャッキー・チェン100作目
ということで「国際東京ジャッキー映画祭」というものでした。

「1911」もプレ公開で翌日11/5が本公開でした。

99作目が「新少林寺」、100作目が「1911」。

「1911」は辛亥革命の話なんですが、辛亥革命も100周年。

ということでジャッキーはすでに撮影に入っていた映画をストップさせて、
「1911」を優先したとのこと。来年じゃダメだし、10年後でもダメで、
100周年の今回じゃないと意味が無いと。

今回の「国際東京ジャッキー映画祭」は3本立てで23時からスタート。

基本的には映画+記念イベントという内容で

  • 開会
  • 「新少林寺」
  • イベント~ビデオメッセージや記念写真
  • 「1911」
  • イベント~トークショー、グッズ抽選会
  • 「プロジェクトA」
  • 閉会

という流れで時間がおして朝7時近くまでやってました!

さすがに疲れたし、最後の「プロジェクトA」は面白かったんですが、
前日は朝早く起きたこともたたって、半分くらいは夢の中…。

完全に寝入ることはなかったですが、何十回も落ちてました…。
もったいないけど、新作はちゃんと観れて良かった。

でも欲を言えば、「新少林寺」も「1911」もストーリーの舞台が古いので
初期のカンフー系が良かったなーと。それだったら寝なかったかも(?)

続きを読む

僕が刺激を受けたアーティスト(2)「Creedence Clearwater Revival」

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival/略称:CCR
アメリカ南部発祥の泥臭いサウンドを特徴とするサザンロックの先駆者的な存在です。

父親がCCRのことが大好きで、僕もレコードを聴いて育ちました。
僕が母親のお腹の中に入っていたときの胎教は、恐らくCCRやサンタナ(笑)

Creedence_Clearwater_Revival.jpg

CCRのヒット曲のほとんどが好きですし、有名な曲が多い。特にこの3曲がお気に入り。

  • Fortunate Son
  • Travelin’ Band
  • Down On The Corner

続きを読む

僕が刺激を受けたアーティスト(1)「Santana / Carlos Santana」

このブログは音楽ネタも扱っているので、
「僕が刺激を受けたアーティスト」
地道にシリーズ化していこうかなと思ってます(笑)

いくつかのジャンルに分けたいと思ってます。
僕はロック中心なのでこんな感じに分類の予定です。

  • 総合的にアーティストとして
  • バンド
  • ヴォーカリスト
  • ベーシスト
  • ドラマー
  • ギタリスト
  • 女性アーティスト
  • アイドル

さて今回の第一弾は、サンタナ(Santana)です。
もちろんこの人がいないとはじまらない。

カルロス・サンタナ(Carlos Santana)

カルロス・サンタナ

僕がギターを始めるきっかけになったアーティストは複数いるのですが、
カルロス・サンタナはその一人。

中学1年生前後の時期に、
父親が持っていたレコードを聞いたのがきっかけだったはず。

サンタナは1998年にロックの殿堂入りしています。

1969年、伝説のウッドストックで演奏したSoul Sacrificeが最高!
メンバー全員・観客が熱狂的で、ドラムソロは特に圧倒されます

続きを読む

Steve Vai「For The Love Of God」 with the Holland Metropole Orchestra

スーパーテクニカルギタリスト、スティーブ・ヴァイ(Steve Vai)。
彼が2005年にthe Holland Metropole Orchestraと競演した映像。

インストゥルメンタルアルバムとしては異例の大ヒットをおさめたソロアルバム
「パッション・アンド・ウォーフェア(Passion And Warfare)」に収録されている
名曲「フォー・ザ・ラブ・オブ・ゴッド(For The Love Of God)」。

スティーブ・ヴァイのギター魂が頂点に達していて最高にシビレます!

続きを読む

1つの時代が終わりを告げた – キング・オブ・ポップの死

キング・オブ・ポップと言われたマイケル・ジャクソン。
来月の最後のロンドン公演を向かえることなく、突然の死を向かえましたね。

幼少の頃からジャクソン5の一員として音楽のトップに上り詰めた人で、
人生そのものがスーパースターで合った人。
そしてポップスの頂点に立ち時代を作ってきたカリスマの一人です。
大ファンではありませんでしたが、早くに1つの時代の終焉を向かえたことが残念です。

でもマイケルの楽曲は名曲揃い。
ビートルズなどのようにずっと語り継がれ、そして聴いてかれてゆき、
ずっと生き続けるでしょうね。ご冥福を祈ります。

僕が好きだったのは、これらの曲。

続きを読む