ビジネス/仕事

仕事の改善・効率化は日々の小さな事でOK

仕事をしていると多くの業務に忙殺されてしまうとき、
非常に非効率な仕事をずっと続けている場合がある。

自分でもわかっているんだけど、
なかなか効率化を進める時間が取れないし、
また効率化するシステムを導入するお金がないと。

多くの場合、改善・効率化というものは
大きな事と考えているのではないでしょうか?

そうではなく、効率化のための改善というのは、
目の前のほんの小さな作業を束ねたり、省略したり、分割したりと
仕事をする都度、数秒・数分程度考えてみるとで進めることが出来ます。

それが今日、数秒でも、1分でも、5分でも改善になれば良いんです。
というか、それでまずは良いじゃないですか!

続きを読む

確かに一生懸命やっているのかもしれないが、しかし・・・

僕が自分自身はもちろん、周囲の人の仕事をしているときに気付くことがある。

それは「独りよがりになっていないか?」ということ。

  • 自分自身は一生懸命やっているのに、誰も認めてくれない。
  • 改善案を伝えているのに、何もしてくれない。
  • 休憩も休日も取らずに頑張っているのに、褒めてくれない。
  • etc…

といったこと。

もちろん本人が一生懸命に働いていることは
本人が思っている以上に誰もが理解していると思います。

僕が問題だなと考えるのは、

  • 周りや上司に伝えているつもりが、伝わっていないということ。
  • 一生懸命長時間働くことが、問題の改善になると思い込んでいること。

これは問題なのは上司でも周囲でもなく、本人なのです。
仕事に対してあぐらを掻いていると僕は思うのです。

続きを読む

マーケティングのフレームワーク「SWOT分析」

SWOT分析は、マーケティングの定番中の定番の
フレームワーク(役立つ分析ツールや思考の枠組み)です。

目標を達成するための戦略を立てるときに、分析ツールとして使います。

SWOT分析はこんな時に使えます。

  • 経営戦略を練るとき(経営者)
  • 新規マーケットに広く展開するとき
  • 新規事業の戦略を立てる時(プロジェクトリーダー)
  • WEBサイト構築の戦略を立てる時(WEBプロデューサー、WEBディレクター)
  • 就職・転職をしようとする時、自分を売り込むための戦略を立てる時(求職者)
  • 営業戦略を立てるとき(営業マン)
  • etc…

SWOT分析の枠組みは以下。4つの頭文字をとってつけたのがSWOTです。

  • Strength(強み):目標達成に貢献する組織や個人の特質
  • Weakness(弱み):目標達成の障害となる組織や個人の特質
  • Opportunity(機会):目標達成に貢献する外部の特質
  • Threat(脅威):目標達成の障害となる外部の特質

続きを読む

本当の驚異(敵)は誰なのか?

物事がなかなか上手く進まないとき、
他社・他人のせいにするというときもあるでしょう。

でも改めて考えてみて欲しいです。

何が驚異で、どのような不利益を被っていると思っているのか?

  • その驚異は本当に存在しているのでしょうか?
  • 不利益を被っていると思っているなら、それは事実なのでしょうか?
  • あなたの会社の驚異は、本当にあなたの敵なのでしょうか?
  • 良いライバルではありませんか?
  • 協力して何かは出来ないのですか?

続きを読む

対人感受性とは何か。そしてどう高めていくかを考える。

僕が足りないと指摘された対人感受性

なんとなくはわかってはいたけど、しっかりと向上させるため、
この対人感受性とは具体的になんなのかを、あらためて調べてみた。

  • 相手の気持ちを理解できる(= 相手の気持ちを汲み取ることができる)
  • 相手の立場を理解できる(= 相手の立場に立つことができる)
  • 相手の心理の裏表を理解できる
  • 相手に会わせた話し方ができる
  • 相手と良好なコミュニケーションを築くことができる
  • 相手の状態に対応した行動を起こすことができる
  • 相手に関心を持つことができる
  • 相手に気を遣うことができる
  • 相手の変化に気がつくことができる
  • 相手をモチベートできる
  • 相手に何かを伝えることができる
  • 相手から賛同を得ることができる
  • 相手を動かすことができる
  • etc…

つまり、対人感受性というのは、
相手軸(他人軸で考えて理解するか。
そして会話・行動を通して、いかに相手と関係を築くことができるか。
というものでした。

続きを読む