オススメの本

社員向けオススメ本「図解 創造的仕事の技術)」枠田進一 著

社会人(社員)向けオススメ本の紹介です。

「図解 創造的仕事の技術」 枠田進一 著

「図解 創造的仕事の技術)」枠田進一著

2004年出版の本ですが、とても良い本で、今現在読み返しています。

仕事の仕方が載っていて、その内容がわかりやすい!

新卒社員は、この本で仕事の進め方を身につけることが出来るでしょう。

すでにもう何年も社会人をやっている人や経営者でも、
きちんと仕事の仕方を学ばずに仕事をしてきている人は多いでしょう。

読んでみると意外と自分は出来ていないことに気がつくはずです。

実際、僕の感じる限りでも、案外僕の周辺にいた多くの人が
この本に書いてあることは全然身に付いていませんでしたし、
僕自身もまだまだ出来ていない部分は多いです。

この本は、多くの企業で社員の必読書にしても良いくらいだ!と思います。

働く人の「基礎」を作ることが出来るバイブルです。

基本的な仕事の進め方、創造的な仕事の仕方に悩む人全員に、是非ともオススメします。

続きを読む

図書館で借りた本6/4 + 再読しようと思っている本

先月図書館で借りた分厚い本は、さらっとしか読めずに返してしまいました。
決定版!「ベンチャー起業」実戦教本経営コンサルティング 第4版は、
またじっくりと取り組む気持ちで読みたい本でしたね。

先週も図書館で新しく本を借りてきました。

自分の蔵書にもいろいろ読み返したいのがあるので、
今回は冊数は3冊と少なめです。

  • 「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える!伝える力(著:池上彰)
  • 新米コンサルタント奮闘中!!中小企業診断士 宮本君のコンサルティング実践記
    (著:経営革新アソシエイツ)
  • ビジネス・チャンスがつかめる!野口式コンサルティングハンドブック(著:野口吉昭)

3冊とも読みやすく、あえてわかりやすいものばかりを選びました。

   

続きを読む

「経営心得帖」(著:松下幸之助)を読破。

さて先日も不景気には時を待つ。の記事でも紹介した
「経営心得帖」(著:松下幸之助)を読み終わりました。

この本を読むのは3度目ですが、何度読んでもハッとさせられる気づきがあります。

松下幸之助さんのシンプルで優しい言葉の中に厳しさと、また深い思考があり、
この本は全ての経営者・管理職、そして向上心のあるビジネスマンは必読です。

この本はシリーズになっていますので、全て読んでいただくのが好ましいでしょう。
シリーズといっても、どの本から読んでも良いし、どの章から読んでも良い本です。
この本は1話完結なので、気軽に読み進めることが出来ます。

ちなみに、このシリーズは僕のバイブルの1つです。

僕もシリーズの全てをこれから再読したいところですが、
その前に先日図書館で借りた本を読んでしまわなければ・・・。

続きを読む

オススメのメルマガ:売れたマーケティング、バカ売れトレーニング:売れたま!

今日のオススメのメルマガは、

売れたマーケティング、バカ売れトレーニング:売れたま!
~MBAの中小企業診断士がそっと教えるパワフルレッスン~

http://www.mpara.com/mag.htm

独自のマーケティング方法のBASiCSを中心に、
毎回テーマに沿って分析しています。

またストーリー展開されるコーナーもあって
わかりすく、楽しめますよ。

このメルマガ筆者である佐藤義典さんは何冊も
マーケティング書籍を出版し、結構売れていますね。

僕も1冊だけですが、白いネコは何をくれた?「言葉を話すネコ」
ボロが教える人生を変えるマーケティング戦略は読みました。

広告代理店勤務の主人公と白い猫で繰り広げられる物語で、
筆者独自のマーケティング戦略BASiCSを展開しています。

ちなみにBASiCSとは、

  • Battlefield:戦場・競合
  • Asset:独自資源
  • Strength:強み
  • i
  • Customer:顧客
  • Selling message:メッセージ

の頭文字をとったもの。

ストーリーは、「夢をかなえるゾウ」の二番煎じような感じを受けましたが(笑)
なかなか面白かったですよ。

続きを読む

「P.F.ドラッカー 理想企業を求めて」を読破。

先日図書館で借りた
「P.F.ドラッカー 理想企業を求めて(エリザベス・ハース・イーダスハイム)」
を読みました。

これも軽く読んでしまおうと思ったのですが、
面白かったので、じっくりと読んでみました。

この本は元マッキンゼー&カンパニーのパートナーであった
著者エリザベス・ハース・イーダスハイムが、
晩年のドラッカーに取材をし、まとめた本です。

とても引き込まれます。個人的に何度か味わいたい本でした。

この本に書いてあるイノベーションコラボレーションは、
今後の企業活動で、より重要になるでしょう。

またやはりドラッカーの特徴でもある選択と集中
〈強み〉の1〜2つに注力するやり方には強く共感しますね。

続きを読む