胃の調子が良い。それもピロリ菌除菌のおかげ。

数カ月前に完治した胃がすこぶる調子が良いので健康ネタでも。

昨年末、ピロリ菌を除菌してから、
ほんと以前と比べてだいぶ胃の調子が良いです。
それまではずっと慢性胃炎で調子が悪かった。

健康診断しているのはここ3年ほどだけど、
恐らくそれ以前から慢性胃炎だったのではと思う。
ずっと胃のムカツキ、胃痛などがあったんですよね。

というか、自分でも早く病院行けよって思いますが。

で、昨年ほんとツラくなってきて、
昨年秋の健康診断にピロリ菌の検査をオプションで追加しました。

何かで慢性胃炎の原因はピロリ菌って読んだのを思い出して、まさかと思って検査。
いましたよ。ピロリ菌。僕のお腹(胃)の中にばっちりとね。

でも、検査で見つかって紹介状が検査結果に同封されていましたけど、
その後少し病院に行きませんでした。

でも、胃薬飲んでもダメな状態になって、いざ病院へ。

ピロリ菌って、そのときはまだ慢性胃炎でも
胃潰瘍か胃癌が見つからないと保険適用にならなかったんです。

でも、治したかったので医師のススメで確認のため胃カメラやりました。
口から入れるやつね。

最初始める前に麻酔薬を喉の入れて、その後麻酔薬を飲み込んだ。

その後、看護婦さん(?)から
『びっくりすると思いますけど、危ないので暴れないでくださいね』
と説明があり、僕の頭にクエスチョンマーク?

でも、やってわかりました。

もうね。なすがままでしたけど、悶絶でしたね。
ビックリ通り超えるくらい苦しかったですね。ほんとに。
若い女性医師は、たんたんとやってましたが。

そこに担当医師がやってきて、
『うわー、胃潰瘍凄いですね。胃全体にありますよー…。
念のため細胞もとりますね』と。

僕は『胃潰瘍か。よし、保険適用だ』と思いました。

胃潰瘍だから全然良くないんですが…、
自費だと3~4万円もしますからね。

で、診察室に戻って担当医師から
『胃の細胞組織からもピロリ菌がみつかりましたよ』
ということで、治療開始。

治療といっても1週間の間、除菌の薬を飲み続けて、
しばらく時間を開けて、呼気検査を行うだけ。

これが薬を飲み始めてから、呼気検査まで時間が開くので
出来るだけ酒は飲まないようにしました。

1回目で除菌できなければ、薬を組み替えて2回目の除菌が必要。

必ずしも除菌薬を飲めば除菌できるわけではない上、
最近ピロリ菌も耐性もってきていて除菌しにくくなっているようです。

僕の場合は、1回で無事除菌ができて終了!良かった!

あとは2~3ヶ月後に胃潰瘍を自然治癒で治すという流れ。
除菌の検査結果が出たのが1月頭で、
今は4月中順なのできっともう胃潰瘍は治っているでしょう。

ピロリ菌の除菌もやっと保険適用の範囲が
広がった(これから?)みたいですね。

ピロリ菌が除菌終わっても胃潰瘍、胃癌にならないとは限りませんけど、
少しでも胃潰瘍、胃癌になる確率をさげておいたほうが良いですね。

ちなみに胃潰瘍の原因のほとんどはピロリ菌のようですよ。

 

そうそう、『明治プロビオヨーグルトLG21
というヨーグルトはオススメです。

ピロリ菌を除菌するわけではないと思いますが、
胃の中をピロリ菌が住みにくい環境に整えるようです。

僕も毎朝治療期間中は食べていて、
「少しでも除菌に効果があるのでは?」
と思って続けていました。

みなさんも、胃がおかしくなったらというか、
身体がおかしくなったら病院行きましょう!

特に中年の場合はね。

ちなみに僕の胃はおかげさまで絶好調!

ただお医者さんに「暴飲暴食など無理しないでくださいね!」
と釘を差されましたけど。。

というかピロリ菌って普通は親世代までの人たちが
井戸の水飲んだりしていた時代に起きたもんですけど、
なぜ感染していたんだろう?

3秒ルールで落ちたものも食べなかったし、
親から口移しで食事もなかったはずなんですよね。

医師の話ではピロリ菌って感染するのは子供だけで、大人は感染しないようですよ。

SNSでもご購読できます。